ドラマやスポーツ等についてつづっています

ドラマやスポーツのことについてあれこれと書いています。

わろてんか38話感想「風鳥亭開業」

わろてんか38話は、風鳥亭が開店するところから始まります。てんは芸人仲間と呼び込みをしています。寄席に入ってくれたお客さんにてんが一生懸命お世話をしています。楽屋では、噺家さんたちが遅刻している様子で、藤吉が心配しています。

 

 

お客さんに席を詰めてもらおうとがんばりますが、体格の良いお客さんに、てんは跳ね飛ばされてしまいます。そこへ歌子が現れて、座布団ごとお客さんを移動させて今日だけでも手伝いに来たと言ってくれました。

 

 

時間になっても噺家さんが間に合わず、吉蔵が慌てて舞台に躍り出ます。次は、岩さんが怪力技を披露します。分厚い帳簿を一気に引き裂いて拍手が上がります。今度はキースが『西洋ものまね』を披露します。

 

 

ダジャレのような芸に「新しいがおもろない」とお客さんが付いていけず、笑い声が無くなってしまいます。今度はあさりさんが顔芸を披露しますが、みんな同じだとお客にツッコミを入れられてしまいました。

 

 

やっと噺家さんが到着して舞台に上がりますが、お客さんの反応は悪くて、あくびが出てしまっている始末でした。噺家さんは遅刻したにもかかわらず、来るときも仕事の後も憮然とした態度で、お客が笑わないと文句を言っています。

 

 

しかし、こういう新しい寄席は三日目からだと笑いだしました。てんたちもその言葉にホッとしている様子でした。初日が終わり、藤吉とてんが「三日目からだと」気を取り直します。

 

 

二日目、三日目お客さんがつまらなそうな様子で、休憩所のような状態になってしまいました。お客さんが文句を吐き捨てて帰ろうとして、てんが引き留めますが、「ほんまもんの落語を聞きたい」といって帰ってしまいました。

 

 

噺家さんは自分が面白くないのではなく、お客が悪いと怒りだしてしまいました。結局、噺家さんは二度と来ないと帰ってしまいました。明日からどうしようと藤吉とてんが悩んでいます。

 

 

四日目、お客さんは1人だけ、芸人さんは4人で必死に6時間を回していきます。1人だけのお客さんも同じ芸人ばかりで、とうとう帰ってしまいました。そこへ伊能氏がお店を訪れました。てんは藤吉に伊能氏を紹介します。

 

 

伊能氏が寄席を観始め、冷静に舞台を見守っているところで今回のお話はおしまいです。伊能氏はてんのために来てくれたようですが、この内容ではあまりいい評価はもらえないような気がします。

わろてんか37話感想「風鳥亭」

わろてんか37話は、手にいれた寄席の舞台に『薬』と書かれた板を掲げるところから始まります。「笑いは人を幸せにする薬」とてんが芸人仲間に説明します。寄席の名前を吉蔵に聞かれますが、藤吉はまだ思案中と答えます。

 

 

てんは「北村屋」を使いたいと話していました。芸人仲間がいつから寄席を始めるのか聞きます。「その前に芸人を集めないと」と藤吉が言うと、芸人仲間は張り切って自己アピールしだしました。

 

 

そこへ、座布団が部屋に無いことに気づき、芸人仲間が座布団、湯呑、火鉢、提灯、傘と寄席に必要な小物があるのか聞くと何も用意していないことが分かり、みんながっくりしてしまいました。

 

 

夜、家で座布団や湯呑は100個ぐらいは必要だが、新品を買うお金がないと藤吉が悩んで居ると、啄子が針仕事をしながら、湯呑はすぐ欠けるので100個ではなく200個必要だとアドバイスします。

 

 

商売は最初が肝心、早くもうけを出して、借金をてんの実家に返さなければと続けます。そして、きちんと儲けを出すまで北村屋の名前は使わせないと言われてしました。

 

 

翌日、てんと藤吉が朝の支度をしていると、吉蔵が嫁・歌子を連れて慌てて駆け込んできて、天神さんの近くの寄席がお店を畳んで店の前にたくさん座布団が置かれていたので、今なら安く手に入るという情報を持ってきてくれました。

 

 

みんなで座布団を引き取りに出掛け、無事に座布団を確保できました。湯呑も同じ場所でいらなくなったものがもらえないか聞こうと、てんは張り切っています。てんは譲ってもらった座布団の綿を入れて手直しし始めます。

 

 

湯呑も手に入ったようで洗って乾かしていました。吉蔵がてんに寄席の店員さんの仕事を説明しているところを、亀井さんがこっそりのぞいています。うまく説明できていない吉蔵に、亀井さんはダメそうな表情でみていました。

 

 

トリを飾る芸人さんが決まり、手伝ってくれた芸人仲間も出演してもらうことになってみんなでお祝いします。夜、てんと藤吉は寄席の名前を考えています。

 

 

てんは藤吉から貰った鳥の飾りを取り出して「この小さい翼で風に乗って笑いを運んで町中を幸せにしてほしい」とにっこりしながら言うと、また二人が良い雰囲気になっています。

 

 

そこへ啄子が出てきて、藤吉が慌てテーブルに体を打ち付けてイタそうにしていました。啄子は質屋から自分の着物を出して、てんのお店用の着物に直して、てんに渡しました。

 

 

さりげなく寄席の準備を手伝ってくれる啄子に、てんも藤吉も嬉しそうにしていました。てんと藤吉が「風鳥亭」と書かれた看板を寄席の入り口に掲げるところで今回のお話はおしまいです。

わろてんか36話感想「雪の花」

わろてんか36話は、藤吉が何も言わずに出掛けたてんを慌てて探すところから始まります。どこにもいないことに不安を感じていると、藤吉は何か思い当たったようで「まさか」と声をあげました。

 

 

てんの実家では家の外で、しずがてんに「帰りなさい」と静かに言うと、てんは「今日は娘としてではなく商人としてきました。」と返します。部屋に通されたてんは、儀兵衛に他人行儀に「どちらさんですか」と聞かれ、北村屋を名乗ります。

 

 

そして、単刀直入に「どうか500円を貸してくれませんやろか」とお願いをしました。寄席の事も説明しますが、儀兵衛は「船場の米問屋潰して、お前に金の無心をさせるなんぞ」と藤吉に対して怒りの矛先を向けます。

 

 

てんは藤吉に言われてきたのではなく、自分が勝手に来たと言い返しましたが、儀兵衛は借金の申し込みを断りました。そこへ風太が儀兵衛に耳打ちし、今度は藤吉が部屋に入ってきました。

 

 

藤吉はてんを実家に向わせてしまったことを言い分けせずに謝り頭を下げました。このまま帰るという藤吉に、てんがそれではあの寄席がほかの人に買われてしまうと言うと、藤吉は儀兵衛とした約束を破ってまであの寄席を買おうとは思わないと言い切りました。

 

 

そこへ、今度はてんの祖母・ハツが現れて、その寄席は儲かるのかと聞いてきました。しかし、藤吉は正直儲かるかどうかは分からない。てんと二人で頑張れば、そのうちみんなが幸せになれる寄席が出来ると信じているといいました。

 

 

それを聞いてハツはかんざしを手渡そうとすると、儀兵衛がそれを止め、しずに500円を用意するよう指示しました。儀兵衛はなんだかんだいっても優しいです。てんと藤吉はりんの許嫁を紹介され、てんは許嫁にりんと家のことをお願いします。

 

 

儀兵衛が部屋で座っていると、てんはお金の事についてお礼を言いに来ました。二人は場所を縁側に移して、てんが何か言おうとすると、儀兵衛は「家のことなら大丈夫だ」と言ってくれました。

 

 

そのまま、外を眺めていると、雪が降ってきて、儀兵衛が「雪の花やな」とつぶやきます。「花と信じれば、どんな寒空の下でも花は咲く」儀兵衛はその寄席でてんが花を咲かせて自分を笑わせてくれることをてんに約束させます。

 

 

そして、少し涙ぐみながら儀兵衛はてんに「お前はわろてるか?」と聞くと、てんは笑顔で笑って生きていると答えました。しずも物陰から嬉しそうに二人を眺めていました。儀兵衛の表情に観ていてウルっときてしまいました。

 

 

亀井さんからとうとう寄席を譲ってもらい、二人で寄席を眺めていると、リリコが人力車で通りかかり「うちはこんな寄席出えへんで」といい、自分は東京で一流の寄席に出て一流の芸人になってみせると明るく言って立ち去りました。

 

 

今週のわろてんかも面白かったですね。今後のわろてんかが気になる。続きが知りたいというあなたは、下記のサイトをご覧ください。かなり先までのネタバレが記載されていますよ。

 

www.kagasyo.com

わろてんか35話感想「儲けておくれやす」

わろてんか35話は、啄子が寄席を始めることを反対するところから始まります。お金もないのに寄席なんてできるのかと啄子が問いただすと、藤吉は毎日の売り上げから少しずつ払っていくと亀井さんから了承を得ていることを伝えます。

 

 

二人が頼み込むと、啄子は「わては観にいかへんで」といじけているような感じで言い、藤吉を寄席に連れていったのが間違いだったと、父親を探し回ったときの話を始めました。

 

 

あそこで道を誤った、あれさえなければこんなことにはならなかったと悔やんでいました。啄子を説得させられないと二人が悩んで居ると、芸人仲間が集まってきました。

 

 

亀井さんを説得できたことが広まり、みんな自分が寄席に出られるのかと沸き立っています。しかし、啄子が説得できないと藤吉が言うと、全員それが一番難しいことが分かったようで肩を落としてしまいました。

 

 

すると、キースがあさりさんの肩に腕を回し、「俺らが納得させてやる」と言い出しました。あさりさんの方は驚いています。さっそく二人は啄子がいる部屋へ行き、キースが藤吉の寄席を認めてやれと説得しますが、お茶を飲みながら無視します。

 

 

さらに親だったら藤吉の幸せを叶えてやれと続けましたが、やっぱりお茶を飲んで無視していました。夜、藤吉とてんがおやすみの挨拶をしても啄子は無視しています。めげない二人の会話に襖の向こうで啄子は何か考えています。

 

 

翌日、啄子は朝から野菜の売り歩きをしていると、亀井さんの寄席の前を通りかかります。「ここは…」と何か思い出したようです。藤吉たちが寄席の前に来ると、寄席の扉が開いていて、中には啄子が佇んで居ました。

 

 

そこは、藤吉と初めて入った寄席だったのです。啄子は懐かしそうにその時の事を思い出していました。藤吉がここを気に入っていたのは、もしかしたら記憶のどこかに残っていたのかもしれません。

 

 

藤吉は自分が寄席を見たかったのではなく、啄子に笑ってほしくて寄席に入りたいと駄々をこねていたことを話します。そして、藤吉は舞台に上がり、鶯のマネを始めました。

 

 

とにかく、啄子を元気づけたい。今も昔も藤吉は母親を心配しているのでした。藤吉がしつこく鳴いていると、とうとう啄子は笑いだしました。藤吉が初めて自分の芸で啄子が笑ったというと、啄子は「わろうてやったんや」と照れ隠しのように言い返します。

 

 

しかし、藤吉のおかげでもしかしたら助けられたことがあったかもしれないと、啄子は藤吉を認めてくれたようでした。寄席をやるからには、そこからは商売の領域です。

 

 

啄子は、寄席をやるならお金の取れる芸人を集めなければならないと現実的な話を始めました。「儲けておくれやす」と、とうとう啄子から寄席をやることを認める言葉を聞くと、藤吉とてんは少し浮かれそうになります。

 

 

しかし、啄子は厳しい顔で「ここからがほんまの試練や。あんじょうきばりや!」とまだスタート地点であることを二人に認識させました。啄子はてんにも頷いて見せ立ち去りました。二人が喜んでいると、今度は奥から亀井さんと男性が出てきました。

 

 

男性は藤吉をド素人呼ばわりして、ここは自分の寄席だと言って出て行きました。亀井さんに事情を聞くとその男性は、寺ギンと言う人で太夫元という芸人の元締めをしている人で芸人の間ではかなりの有名人だったようです。

 

 

寺ギンさんは突然この寄席がほしいと大金を一括で支払うことを約束していったようです。亀井さんは藤吉たちに先に同じ大金を持って来たら譲ってやると言ってきました。

 

 

金額は500円今のお金に換算すると500万円ぐらいだそうです。そんな大金一日二日では用意できないと、藤吉ががっかりしていると、てんが少し思いつめた顔で、藤吉を見つめながら考え込んでいました。

 

 

そして、てんは早朝から出かけて行きました。向ったのは、てんの実家で、てんが厳しい顔をしながら藤岡屋を見つめているところで今回のお話はおしまいです。

 

わろてんか34話感想「鶴と亀」

わろてんか34話は、藤吉が野菜を売っていると、風太がお客のフリで藤吉に話しかけてくるところから始まります。風太は藤吉に頭を下げて、てんを一度実家に帰すようにお願いします。

 

 

しかし、藤吉は儀兵衛との約束通り立派な商人になるまでそれはできないと言うと、風太はあっさり引き下がり立ち去ってしまいました。次に風太が向かったのは、てんたちの長屋で、キースに再会します。

 

 

キースたちとごちゃごちゃと口論していると、てんが部屋から出てきて風太が嬉しそうに挨拶していました。てんがみんなは元気かと聞くと、風太が少し言葉を詰まらせて、りんの結納が終わったと報告しました。

 

 

風太はてんにも実家に一度帰らないかと聞きますが、てんも勘当された手前帰れないと答えました。そこでも風太はあっさり引き下がって帰ってしまいました。藤吉は亀井さんのもとへ行くと、亀井さんが借金取りの催促をされているところでした。

 

 

バツが悪そうに亀井さんは寄席の土地を売って借金を返そうしていることを話します。藤吉はだったら寄席をやらせてくれと訴えますが、失敗したらこの寄席に泥を塗ることになると亀井さんは突っぱねます。

 

 

がっかりした藤吉が家に戻ると、啄子は長屋の暮らしも悪くないと、さっきまで掃除をしていたのに腰を痛そうにさすりながら笑っています。そこへあさりさんが啄子に見舞いを持ってきてくれました。

 

 

啄子はお見舞いのおまんじゅうを食べながら人とのつながりは不思議だと話していました。亀井さんが寄席の前に佇んでいると、今度はてんが亀井さんのもとを訪れました。

 

 

看板に書かれている鶴と亀についててんが聞くと、亀は亀井さんで鶴はお嫁さんであることを教えてくれました。自分のお嫁さんはてんと似ていると言いました。夫婦で一生懸命働いて立てたのがこの寄席「鶴亀亭」だったようです。

 

 

しかし、商売が軌道になると亀井さんは遊びまわっていたようです。一方お嫁さんは働き続けて、先に亡くなってしまいました。てんは家に帰ると、明日の朝、もう一度亀井さんのところに行ってみようと藤吉を誘います。

 

 

藤吉とてんは改めて、亀井さんに頭を下げます。藤吉は芸を見る目がある、てんはたくさんの人に笑っていてほしい。二人は亀井さんに頼み込みます。亀井さんは無言で戸のカギを開けてくれました。

 

 

寄席は二人に任せて、亀井さんは「わては日向ぼっこの続きや」と言い、藤吉とてんは中へ入って行きます。「今すぐにでも寄席が出来そう」とてんが嬉しそうに言うと、藤吉の夢が膨らみます。

 

 

浮かれている二人とは裏腹に、長屋で啄子がたくあんを仏頂面で頬張るところで今回のお話はおしまいです。

 

わろてんか33話感想「藤吉とリリコ」

藤吉(松坂桃李)は様子のおかしいリリコ(広瀬アリス)を気にして、夜にリリコのうちを訪ねます。泣いて助けてと縋るリリコ。事情を聴きだすと、御贔屓の客に後添いになれと言われているのでした。

 

 

好きでもない年の離れた男の元に、それも後添いになれ言われているリリコは、藤吉にてんとの事は本気なのかと問います。自分を連れて逃げてくれないなら、後添いになるというのです。

 


自分を粗末にするなと叱る藤吉ですが、リリコが好きなのは藤吉ですから、藤吉がてんと結ばれるなら、後添いとは言え、ぜいたくな暮らしを約束してくれる御贔屓さんといっしょになるのもわかるはなしですが…。

 

 

お前にはお前にあった男が現れると藤吉は強く反対するのでした。反対するのは勝手だけど、かといってリリコを幸せに出来るわけじゃないんだから、そこまで言うのもどうだろう藤吉…。

 


思わずその現場をアサリ(前野朋哉)に見られてしまい、翌日にはキース(大野拓朗)たちに話し、皆で藤吉を責めているところをてん(葵わかな)に聞かれる始末。弁明する藤吉に、てんは気持ちを抑えて、寄席を手に入れる事が大事というように、促しました。

 


てんを傷つけ、リリコも説得できない藤吉に亀井(内場勝則)は自分の寄席が盛り上がっていた頃の話をし、そろそろ手放さなく場ならないと呟いてくれました。

 


リリコと藤吉の間にある絆に、自分の気持ちをうまく処理できないてんに、啄子(鈴木京香)が「悋気は損気」とヤキモチを焼いても儲けにもならないと諭してくれました。啄子なりに藤吉の傍で支えるてんを認め始めているのでしょうね。

 


その頃てんの実家では儀兵衛(遠藤憲一)が体調を崩しているようです。しず(鈴木保奈美)に自分の事を口止めしますが、それを風太(濱田岳)が覗いていました。夜、藤吉は再びリリコの説得を試みます。

 


てんも気になってその様子を覗こうとして、リリコにバレてしまいました。昔人買いに売られそうになったリリコを藤吉は身を挺して守ってくれた縁が二人にはありました。

 

 

そんな命の恩人に愛されたかったリリコ。しかし藤吉にはてんが居る事で、もう娘義太夫も辞めて、後添いになって楽させてもらうと言います。けれど、リリコの娘義太夫としての腕を知っている藤吉は、そんな事で辞めてほしくないと説得するのでした。

 


さて、大阪には風太の姿も見えます。リリコを義太夫として迎える寄席を手に入れなく場なりませんが、まだまだ道は険しいのかな?

わろてんか32話感想「席主になりたい」

てん(葵わかな)は藤吉(松坂桃李)と啄子(鈴木京香)との長屋暮らしをしつつ、藤吉の夢である寄席の物件を探していました。ひょんなことから潰れた寄席の物件を見つけますが、その前で不愛想に座っている男・亀井(内場勝則)に追い返されてしまいます。

 

 

キース(大野拓朗)たちに相談することで、その男がその潰れた寄席の元席主だったと判明し、藤吉は寄席物件を探しつつ、亀井の元を訪れて譲ってもらえないか説得します。

 

 

何気に隣に座らせてもらったり、饅頭を分けたりと、仲よさそうなやりとりもあって、可愛いですよね。将来の藤吉と亀井の姿が見えるようです。亀井を説得していると、キレイな格好で男と歩くリリコ(広瀬アリス)を見かけます。

 

 

あら、随分年の離れた男ですね。何者なのでしょう。この間も素っ気ない態度を取っていたリリコです。気になりますね。藤吉が寄席探しをしている間、てんは万城目(藤井隆)の嫁・歌子(枝元萌)が切り盛りする一膳飯屋の手伝いと、お針子で家計を支えようとします。

 


啄子は藤吉を当てにできないと、自ら野菜売りをはじめようとアサリ(前野朋哉)に青物市場の案内を頼みますが、元々痛めていた腰をさらに痛めてしまったようです。何気に口の悪いアサリと気の強い啄子はいいコンビ?

 


結局藤吉は天秤を担いで野菜売りをしながら、寄席探しをすることに。藤吉だけが亀井を説得しているのかと思いましたが、てんも日参して何かと亀井を気遣っているようです。てんの支えに気付き、藤吉も嬉しそうです。

 

 

藤吉に夢を叶えてもらいたくて、てんも自分に出来る限りのことをしているのでしょうね。家計まで支えて、本当出来た嫁ですね。野菜売りの帰り、再びリリコにバッタリ会った藤吉は、リリコに夜自分のうちに来てほしいと願われます。

 

 

意味が分からないなりに、様子のおかしいリリコをほっておけない藤吉は、言われるがまま家を訪ねると、泣いているリリコがそこにいました。事情を尋ねるとリリコに抱き着かれ「うちを助けて」と懇願されてしまいました。

 


おやおや、また波乱の種をリリコに撒かれてしまいました。藤吉どうするのかな?

ミックスチャットはコチラ