ドラマやスポーツ等についてつづっています

ドラマやスポーツのことについてあれこれと書いています。

わろてんか51話感想「大阪にリリコと風太」

てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、風鳥亭にリリコ(広瀬アリス)が訪ねてきている事に気づきます。思わず帰って来たのかとみんなでリリコの帰りを祝いますが、風鳥亭に出て貰おうと誘うと、どうやら娘太夫は色々あって辞めてしまってたようです。

 


今はしばらく貯めたお金でゆっくり過ごすと、みんなと同じ長屋で暮らしだすそうです。隼也を嬉しそうに見ています。リリコは昔から子供好きだったと藤吉が教えてくれました。

 


藤吉は相変わらずで、どんなにてんが注意しても、隼也の面倒を少し見て居て貰う事も、笑いの仕事にかまけて出来ないようです。かわりにリリコが一人でいる隼也を見つけて面倒を見て居てくれました。

 


藤吉の仕事ばかりで家庭を省みたい態度は相変わらずのようで、おもわず自宅にリリコやトキ(徳永えり)を招いて、藤吉が話を聞いてくれない話を漏らします。

 


するとリリコは微笑んで、袋をもちだし、夫婦の堪忍袋の緒が切れてしまうという喩えを教えるのでした。勧められるまま、藤吉の愚痴を袋に訴え、リリコヤトキにもよう言うたと笑ってもらえたのでした。

 


そこへ風太(浜田岳)が訪ねて来て、隼也の初節句に、人形を差し入れてくれます。いつまでも京に帰らない風太に、リリコが何をしているのかと尋ねますが、自分を気に入った人がいて、面倒見て貰っているというのです。

 

 

それがなんとこの間バッタリ会った寺ギン(兵動大樹)で、彼が芸人に対して人の見る目を養うよう、風太に色々教えているようです。藤吉はてんに相談もせず、リリコに隼也の面倒を見てもらう話しにしてしまいました。

 


もちろんリリコが忙しい自分たちの代わりの隼也を見てもらえるのはありがたい話ですが、自分に相談もなく勝手に話を決めてしまう藤吉に、怒りがとどまらず、思わず外で袋を持ち出して、藤吉へ「アホー」と叫んでしまいました。

 

 

ああ、どんどん藤吉に対して堪忍袋が膨らんでいるようですね…。キレるのも時間の問題かな。

 

わろてんか50話感想「東京の売れっ子が来とる!」

わろてんか50話は、てんのところに風太が訪れるところから始まります。風太はてんの実家である藤岡屋に休暇をもらって実家に帰るところだったようです。藤吉が寄席に顔を出し、風太と夕飯を一緒に食べようと約束します。

 

 

てんが仕事をしていると、風太は隼也の相手をしてくれていました。てんがおしめを変えようとすると、来客があり、風太におしめをお願いして立ち去ってしまい、風太が慌ててしまいました。

 

 

おしめの替え方が分からない風太は通りかかったトキにお願いします。トキからなぜ来たのか問いただされて、返事をはぐらかして出て行ってしまいました。

 

 

てんが夕飯の支度をしている最中、隼也が泣きだしてしまい、風太は相変わらず扱いが分からなくて慌ててしまいます。すっかり母親が板についているてんに風太は感慨深げにしていました。

 

 

夕飯の支度が終わっても、藤吉が帰ってきません。風太は、藤吉が隼也の相手をしているのか心配しています。寄席を増やす話も、今でさえ、てんが大変そうにしているので気になるようでした。

 

 

そこで、少し酔っぱらった藤吉が帰ってきて、寝ている隼也を起こそうとしたり、ご飯をこぼしたりしているのを見て、風太が説教をし始めてしまいました。

 

 

しかし、藤吉はむきになって言い返します。てんと約束していた初節句の兜も買わずに帰ってきたようで、風太はさらに怒ります。藤吉と風太がつかみ合いの喧嘩をし始めそうになり、てんは「隼也が起きてしまう!」と止めに入りました。

 

 

風太は宿に泊まると出ていってしまいました。藤吉も疲れたので寝ると言って、隣の部屋に行ってしまいました。取り残されたてんは、手を付けられなかった夕飯を見つめます。

 

 

その後、風太が夜道を歩いていると、寺ギンさんとぶつかり喧嘩になりそうな雰囲気になっていました。てんが洗濯物をしていると、トキが手伝いに来てくれました。てんはトキに昨日のことを話しています。

 

 

トキが「男の人は子供だ」と言っていると、てんも藤吉は自分の事を使用人と思っているようだと愚痴っていました。夕方、てんが仕事をしていると、藤吉がくたくたの様子で帰ってきました。

 

 

少し愚痴を言っていると、また兜を買ってくるのを忘れて焦っていました。芸人仲間は、寄席が増えることを喜んでいるようで、自分たちの出番も増えると盛り上がっていました。

 

 

そこへ亀井さんが慌てて「東京の売れっ子が来とる!」と入ってきました。それは東京に居るはずのリリコでした。寄席を観ながら笑っていたリリコは藤吉たちに気づいて、にっこり笑う所で今回のお話はおしまいです。

わろてんか48話感想「次のステージへ」

風鳥亭をオープンして一年が経ち、おかげさまで経営も安定してきました。藤吉郎とてんの祝言も決まり、イベントが続いています。風鳥亭の記念公演には京都からてんのお母さん、りん、風太が駆けつけてくれました。

 

もちろん、お母さんの手にはお父さんの写真、てんはやっと自分のやっていることを、誇っている「笑い」を、お父さんに見せることができました。

 

そして相変わらずの爽やか青年の伊能さんも、たくさんのお祝いを持って寄席に遊びに来てくれました。

 

仲間たちも大勢のお客さんの前で演目をやることをとても楽しんでいて、お客さんもそれに応えるようたくさん笑ってくれ、風鳥亭全体が大きな幸せに包まれた瞬間でした。本当にみんなとても楽しそうで、改めて笑いのパワーの大きさを感じました。

 

そして、二人のお母さんについても触れたいと思います。藤吉郎とてんが無事に祝言を挙げることができ、てんのお母さんはホッとしたようで藤吉郎のお母さんにてんを鍛えてくれてありがとうとお礼を言っていました。

 

しかし、藤吉郎のお母さんはむしろ自分の方が教えられることが多かったと伝えます。短時間ではありましたが、この二人のやりとりの中に親としての不安や心配、感謝、そしてエールなど様々なものが見て取れてなんとなく涙がでそうになりました。

 

同じお母さん同士、気持ちはきっと痛いほどわかりあえてることでしょう。親たるもの、やはり子供が想像できないところまでいろいろと考えてくれているもので、いつまでたっても頭が上がりません。

 

藤吉郎とてんにはいろんな意味でこれからゆっくり時間をかけて親孝行していって欲しいと思います。わろてんか49話の感想につづきます。

わろてんか47話感想「前を向いて」

お父さんの訃報を知り、とても落ち込んだてんですが、藤吉郎やお母さんの支え、そして仲間が与えてくれる「笑い」を全身に受け、落ち込んでいるだけじゃなく、お父さんも応援してくれた自分がやるべきことをやろう!という気持ちに切り替えられたようです。

 

幼い頃からそうでしたが、見た目より芯が強いてん、今回もきちんと立ち直ってよかったとホッとしていたら、立ち直ったどころか、逆にいつもより張り切っているではありませんか。

 

まるで風鳥亭を大きくすることがお父さんへの供養とばかりに、次から次へといろんな提案をします。中でも料金を下げるという案は、リスクも大きかったですが、結果的には見事に当たり、売り上げを増やすことに成功しました。

 

てん、ノリに乗っています。でも全ての提案は謙虚に、お客さんのことを、そして笑いのことを一番に考えながらのものです。今日のてんは商売の真髄に触れているような気がしました。

 

そしてもう一つ、嬉しいこともありました。そうです、ついにお母さんに北村家の嫁として認めてもらえたのです。お母さんの口からいい加減早く祝言を挙げて欲しいと言われ、藤吉郎もてんも、そして私もびっくりしました。

 

お母さんの相変わらずのわかりにくい表現でしたが、藤吉郎もてんも嬉しかったと思います。そして時は経ち風鳥亭をオープンして一年が経った頃、ついに藤岡家から借りていたお金の返済が終わりました。

 

二人ともよく頑張りましたが、ここからが二回目のスタートです、引き続き頑張って欲しいと思います。わろてんか48話の感想につづきます。

わろてんか49話感想「もう一つの寄席」

わろてんか49話は、てんに息子の隼也が生まれて一年経つころから始まります。寄席には新米の店員さんも増えて、今日も満員御礼だと景気がよさそうです。

 

 

店員が増えても、てんは子供をおんぶしながら、忙しく働いています。隼也のおしめを変えていると、吉蔵や亀井さんが隼也をあやす係を買って出てくれます。そこへ藤吉が帰ってぐったりしています。

 

 

なかなかお客さんを呼べる芸人さんがつかまらないとぼやいています。寺ギンさんには相変わらず売り上げの六分を持っていかれていることに焦りを感じているようでした。

 

 

夜、もうすぐ隼也の初節句だと二人は盛り上がります。兜の飾りを買おうと話していると、伊能氏が訪れます。伊能氏も隼也にお土産を持ってきてくれました。

 

 

お酒を切らしていると、てんはお酒を買いに出かけて行きます。吉蔵の嫁・歌子の店に、お酒を買いに行くと歌子は京都の寄席に出かけて行った吉蔵に不満たらたらでした。

 

 

「旦那はもう一人の子供だと思った方がいい」と言われて、てんはピンと来ていない様子でした。子育てにあまり協力していないように見える藤吉には観ていて少しイライラしてしまいます。

 

 

てんが家に帰ると、藤吉はてんに寄席をもう一軒作ろうと思うと言い出して、てんがびっくりします。藤吉の計画に反対はしませんでしたが、今の寄席だけでも回っていないのにとあまり同意できない様子でした。

 

 

藤吉は酔いつぶれてしまい、てんは帰り支度をする伊能氏に家が騒がしくてすまないと謝ります。伊能氏は寄席を増やすことをあおってしまって悪かったと謝り、帰って行きました。

 

 

朝から、新しい寄席を探しに藤吉は出かけて行きます。藤吉を見送りながら「だいじょうぶやろか」とてんは少し不安げです。てんがあわただしく働く中、隼也はかまってもらえず放っておかれていました。

 

 

てんがもどってくると、お給料の計算がかかれた紙の上に墨がこぼれていて、てんが大声をあげていると、芸人たちや店員たちが集まってきました。

 

 

こぼれた墨を拭いたり、お給料がまだもらえないことが分かって不満を言ったりしていると、隼也が居ないことに気づいてみんなで大騒ぎで探しだしました。

 

 

逃げ出したあさりさんは元に戻ってきてくれたようです。居なくなった隼也を風太が抱っこしながら入ってくるところで今回のお話はおしまいです。

わろてんか48話感想「次のステージへ」

風鳥亭をオープンして一年が経ち、おかげさまで経営も安定してきました。藤吉郎とてんの祝言も決まり、イベントが続いています。風鳥亭の記念公演には京都からてんのお母さん、りん、風太が駆けつけてくれました。

 

 

もちろん、お母さんの手にはお父さんの写真、てんはやっと自分のやっていることを、誇っている「笑い」を、お父さんに見せることができました。そして相変わらずの爽やか青年の伊能さんも、たくさんのお祝いを持って寄席に遊びに来てくれました。

 

 

仲間たちも大勢のお客さんの前で演目をやることをとても楽しんでいて、お客さんもそれに応えるようたくさん笑ってくれ、風鳥亭全体が大きな幸せに包まれた瞬間でした。

 

 

本当にみんなとても楽しそうで、改めて笑いのパワーの大きさを感じました。そして、二人のお母さんについても触れたいと思います。

 

 

藤吉郎とてんが無事に祝言を挙げることができ、てんのお母さんはホッとしたようで藤吉郎のお母さんにてんを鍛えてくれてありがとうとお礼を言っていました。

 

 

しかし、藤吉郎のお母さんはむしろ自分の方が教えられることが多かったと伝えます。短時間ではありましたが、この二人のやりとりの中に親としての不安や心配、感謝、そしてエールなど様々なものが見て取れてなんとなく涙がでそうになりました。

 

 

同じお母さん同士、気持ちはきっと痛いほどわかりあえてることでしょう。親たるもの、やはり子供が想像できないところまでいろいろと考えてくれているもので、いつまでたっても頭が上がりません。

 

 

藤吉郎とてんにはいろんな意味でこれからゆっくり時間をかけて親孝行していって欲しいと思います。

わろてんか46話感想「お父さん」

昨日のラストで、風太風太らしからぬ雰囲気でてんを訪ねてきた時から、多分こんな感じのことだろうなぁと予想がついていましたが、やはりてんのお父さんが亡くなったとのことでした。

 

ただ一言、悲しいですね。なんでも四十九日の法要も終わったとのことで、もう本当に会えないし、ひとめ見ることも叶いません。てんはお父さんの体調が良くなかったことも知らなかったので、余計にビックリしたと思いますし、信じられない気持ちしかないことでしょう。

 

でも現実は現実、いくら辛くても受け入れなければなりません。ただ、頭ではわかっていても、心はそう簡単についてくるものではないですよね。

 

勘当同然で家を出た時から、さよならを言えないというようなことが起こる可能性があることは、てんも重々わかっていたはずですが、まさかこんなに早く訪れるとはさすがに私も予想していませんでした。

 

てんの今の辛さもさることながら、自分がもう死ぬとわかっていてもてんには知らせないというお父さんの心、そしてそんなお父さんの言いつけを守って、残されるものとしての使命を果たしたお母さん、りん、そして風太

 

それぞれが違った立場であるからこそ、違う種類の痛みと辛さを抱えていたと思います。みんなの大変さを想像し、ただただ胸が痛くなりました。

 

そして藤吉郎とお母さんは、てんの気持ちを理解した上で、これから共に生きて行く伴侶として、また、同じく子供がいる親の立場として、それぞれてんを勇気付けてくれ、この二人の存在に救われたてんでした。

 

でも、てんにはもう新しい家族もいるし、仲間もいる。お父さんからもらった言葉もあるので、それを胸にお父さんの遺言通り、笑って生きていってほしいと思います。

ミックスチャットはコチラ