ドラマやスポーツ等についてつづっています

ドラマやスポーツのことについてあれこれと書いています。

わろてんか十九話感想「てんの面接」

わろてんか19話は、藤吉が母・啄子に駆け落ちの報告とするところから始まります。啄子はてんと藤吉の駆け落ちを「汚らわしい」と言い捨てて、てんを帰せと大反対しています。藤吉の許嫁・楓はてんを妾扱いして、一人ぐらいいてもいいと言い出しました。

 

 

藤吉は、てんを嫁にできないなら家を出て行くと言い立ち去ろうとすると、啄子は胸を押さえて苦しみ始めます。藤吉は心配そうに近寄よると、啄子は藤吉を引き留めるため、とりあえず、てんも藤吉も北村家で休むことになりました。

 

 

案内する楓にてんが人懐っこく話しかけますが、楓は敵意むき出しでこの縁談は譲らないと言い出しました。てんが藤吉の事をどう思っているか聞くと、楓は鼻で笑って藤吉の事は好きも嫌いもない「負けられへん」と言うだけでした。

 

 

藤岡屋ではりんにすずが本当に家を継ぐのかと確認しています。りんは覚悟を決めていてしっかりと継ぐと返事しました。りんが立ち去った後、儀兵衛が現れ、すずはてんが笑っているかと心配します。

 

 

しかし儀兵衛は「もううちの子やない」と冷たく言いますがどことなく寂しそうです。すずは何とも言えない顔をした後、庭で掃除をしているトキに声をかけ何かをお願いするようです。

 

 

てんと藤吉が楽しそうに話をしている笑い声を聞いて、啄子がムッとした顔をしています。藤吉が改めて支え合っていこうと話していると、啄子が顔を出します。

 

 

てんは頭を下げて挨拶とお願いをすると、啄子は面接を始めます。啄子のてんの評価は「京なまり」・「ぜいたく」・「アホ」と散々な状態でした。それを知らないてんはニコニコ笑いながら質問に答えています。

 

 

てんが改めて、家を出てきた覚悟を伝えると、啄子は女中としてだったら、置いてあげると言い出しました。怒った藤吉は出ていこうとしますが、てんはそれを止めて笑顔で「どうぞよろしゅうお願いいたします。」と頭を下げました。

 

 

良いことは無さそうに感じてしまいます。てんは女中部屋に案内され、藤吉といる時とは一転して怖い顔をしている啄子にてんが怯んだところで、わろてんか19話はおしまいです。わろてんか20話感想につづきます。

わろてんか十八話の感想「お別れ」

昨日、二人の急接近に驚いたばかりでしたが、今日はもっと驚くような展開が待っていました。なんと、藤吉がみんなの前でお父さんにてんさんをください!と言い、得意の芸を用いながら、全身を使っててんを幸せにすると宣言しました。

 

 

お互いの気持ちの確認はできたとはいえ、この突然の展開にはさすがのてんも驚いていたようです。しかし、そう言いながらもてんの気持ちは固まっていたようです。

 

 

お父さんに縁を切ると言われたにも関わらず、いや、逆にそう言われたからこそ覚悟を持ってどうするか決心をしたようです。てん、いざという時は相変わらず強いですね。

 

 

家を離れること、家族や友達と離れること、見ず知らずの土地へ行くこと、これまでとは全く違う生活が始まることなど、大変なことばかり待ち受けているのに、その全てを受け入れる覚悟がある。

 

 

私自身はそういう選択ができないので、本当にすごいなと思いました。でも、人を好きになること、誰かに惚れるということはこういうこのなのかもしれません。てんのまっすぐな瞳がそう教えてくれました。

 

 

そしてそんなてんの急な決断を応援してくれるおばあさん、それとりんの思いにも胸がジーンとなりました。結局人生とはその人のものなので、家族としてできることは、こういう人生がいいと押し付けるのではなく、その人が選んだ人生を応援することなのかもしれないと思いました。

 

 

ただ、お父さんやお母さんの気持ちを考えると、そう簡単に割り切れないという思いももちろんあります。てんの人生はこれからどうなっていくのでしょうか。

わろてんか十七話の感想「二人の関係」

藤岡家を追い出された藤吉と蔵に閉じ込められたてん。会えない時間が二人の距離を近くしたのでしょうか、ここにきて急に二人の関係に変化がありました、結構な急展開に驚いています。

 

 

そもそも、藤吉とてんは昔知り合ったときに何度か会っただけで、それ以降は今回の一連の出来事が起こるまで、直接的な触れ合いはありません。

 

 

また、藤吉はちょこちょこりんに手紙を書いてはいましたが、それもあくまでも一方通行のやりとりで、てんにはいかなる手段でも藤吉に接触するチャンスはありませんでした。

 

 

そこからのこの流れ、大切なのは時間の長さではなくて中身の濃さということでしょうか。閉じ込められているてんを探して蔵にいる時間が、二人にとってはかけがえのないものとなったようです。

 

 

そして印象的だったのは、藤吉がリリコとの会話の中で、てんに惚れてしまった、と白状するところです。恥ずかしながらもハッキリと自分の気持ちを宣言するカッコよさに胸がキュンとしましたが、一方で、え?今やっと気づいたの?!

 

 

と突っ込みを入れたくなる気持ちも正直ありました。本人は気づいてなかったのかもしれませんが、物語を見ている人はみんなわかっていたと思います。そんなどこか天然っぽさもある藤吉、実にナイスなキャラクターだと思います。

 

 

加えて、今回も親の愛を感じるシーンがありました。藤吉の件でてんを蔵に閉じ込めてから、てんが笑わなくなったと心配していたお母さん。

 

 

蔵に閉じ込められていることや、藤吉の件で意見があるわけではありませんが、とにかく笑い上戸のてんがしばらく笑っていないことが気になって仕方ありません。

 

 

それを聞いたお父さんも表面上は無関心を装っていますが、内心は心配で心配で仕方ないようで、常に蔵にいるてんのことを気にしていました。改めて、親心の大きさを感じました。

わろてんか十六話の感想「てんの思い」

蔵に藤吉を匿っていることがお父さんにバレてしまいました。知っていた人たちを含めて、全員の前でことの顛末を話すという流れに。もちろん、お父さんは許すはずもなく、お母さんだってとても驚いていました。

 

 

でも、きちんとことの顛末と事情を聞き、腹の底から怒っているにも関わらず、直接藤吉本人に物を申すところは、お父さんの家長としての責任とでも言うのでしょうか、それを強く感じて、筋が通っていると思いました。

 

 

どんなことであれ、話を聞いたり、したりするということはとても重要だと思います。また、お母さんもいつもながらナイスアシストでした。

 

 

お父さんの決めたことは絶対で、口出しはしませんが、いつもてんには寄り添ってくれ、てんの微妙な心理や、何よりてんの笑顔を一番大切に思っていてくれているのがひしひしと伝わってきました。

 

 

子供たちのためなら、お父さんにだって意見する強さと、子供達を見守る優しさの両方を兼ね備えた人です。ああいう風に生きられたらいいですね。

 

 

そして、藤吉とてんは結局引き離され、二人ともそれが必然であるとは認識していますが、一方で心の中では忘れられない思いもあるようで、どっちつかずの状態が続いています。

 

 

てんも自分の予想よりも自分は藤吉のことが気になって仕方ないということに気づいたようで、藤岡家の長女としての使命と、自分の気持ちとの間で揺れていて、どうにもならないようです。

 

 

ここにきて急に距離が縮まった二人、これからどうなっていくのでしょうか。

わろてんか十五話の感想「風太」

昨日、まちでのいざこざに巻き込まれ、怪我をしそうになったてん、そこに体を張って助けに入った藤吉、結果として頭を負傷してしまいました。

 

 

てんは手当てのために藤岡家の蔵に藤吉とキースを匿います。りんとトキも、助けてもらったからと協力してくれ、ひとまず怪我の状態が落ち着くまではここにいてもらうことになりました。

 

 

相手が藤吉だったというのももちろん大きな理由だと思いますが、てんをはじめとした藤岡家の人たちはみんな優しい心を持っているなぁ、と思いました。

 

 

助けてくれたお礼をするというのは当然のことかもしれませんが、あそこまでのリスクを冒してできるかと言われると、私はできないと思いました。でも、てんの家は幸いにして薬屋さん、そこは都合が良かったですね。

 

 

そしてそんな出来事も、もちろん風太には知られてしまいます。風太は基本的なスタンスとしては匿うことに反対ですが、てんたちの必死の頼みにより、しぶしぶ見て見ぬふりをしてくれることになりました。

 

 

私は風太のこういうところが本当に好きです。自分に何の得もなく、むしろ厄介なことに巻き込まれる可能性が高いにも関わらず、みんなのための自己犠牲を厭わないところ、見習いたいです。

 

 

そしてそんな人のいい風太は、ついでに伝言のお使いまで頼まれ、もうこうなると風太がすごいのか、風太の性格を知りつくしていて上手くコントロールしているてんがすごいのか、よくわからなくなってきますね。

 

 

また、風太とトキの掛け合いもいつも面白くて、楽しく見ています。しかし最後になって、蔵に藤吉を匿っていることがお父さんにバレてしまいました。果たして藤吉の運命やいかに?!

わろてんか十四話の感想「揺れる気持ち」

てんの影響なのか、よく笑顔を見せるようになったお父さん。強面の印象はすっかりなくなりましたが、ここ数日満面の笑みでてんに縁談を強く勧めてきます。

 

 

先日、りんに縁談の話が持ち上がったこともあり、順序的にりんより先にてんの縁談をまとめたいという親心を強く感じました。一方で、藤吉との再会により、決心がついたはずの心が再度揺れ始めたてんは、戸惑っていました。

 

 

そしてひょんなことからリリコから藤吉の手紙の内容は嘘だったということを告げられ、自ら藤吉の元へ真偽のほどを確かめに行きます。こういうときのてんは相変わらず行動力がありますね。

 

 

手紙が嘘だと言われ、動揺するあたりは純粋で、可愛さがある一方で、それを直接本人に確かめに行く度胸と行動力はとても同じ人とは思えません。

 

 

なんだかんだいっても自分にしっかりとした自信を持っているからこそ取れる行動だと思いました。そして詰問された藤吉は、旅芸人としての興行については嘘だが気持ちは嘘じゃないといい、なんとも微妙な空気になってしまいました。

 

 

ただ、今日は藤吉の出生について新たな事実が発覚しました!なんと、藤吉も老舗の米屋の長男で、事業を継ぐのが嫌で家を出て旅芸人を続けているとのこと。え、ということは、てんとは釣り合います、いや、むしろ後継ぎ同士だからダメか。

 

 

なんだかいろいろと複雑になってきました。でも、物語はこうでないと面白くないですよね。ここから本格的に物事が動き出すようで、どんな展開になるのか、想像がつきません。

わろてんか十三話の感想「頭と心」

昨日藤吉と奇跡の再会を果たしたてん、てんはもちろんですが、てんの成長に藤吉の方がびっくりしていて、二人とも心ここにあらずの状態が続いていました。

 

 

藤吉は、てんのことを思いながらも自分の身分などわきまえている分、なかなか気持ちの整理がつかないようで、旅芸人仲間のキースにもからかわれていました。

 

 

そしててんも、新一兄さん亡きあと、自分が藤岡家を継ぐために、立派なお婿さんをもらうと決意を固めた矢先の出来事だったので、とてもとても心揺さぶられたようで、どうしていいのかわからなくなっていました。

 

 

実は両想いなのに、なかなかそこに気付かない二人の初々しさがたまらなく可愛くて、心洗われました。でもそれと同時に、てんはどちらを選択するのだろう、どちらの選択のがいいのか、と考えてしまいました。

 

 

自分の気持ちに素直に従うのであれば、藤吉を選ぶと思いますが、家族のこと、家のこと、藤岡家のことを考えると、別にお婿さんを探すのが得策と言えると思います。この問題、昔からあるのですね。

 

 

やはり愛だけでは生きていけないのでしょうか。結婚とは愛ではなく、生活ですからね。もちろん、愛がなくていいと言っているわけではありませんが。

 

 

私個人の考えとしては、これ以上藤吉への気持ちが高ぶる前に、別にお婿さんを探す方を勧めたいと思います。最後に、風太について言わせてください。

 

 

風太はとてもいいキャラクターで演技も上手ですね。今日も風太が出てきた瞬間に目を奪われてしまいました。幼い頃から一切変わっていないあの感じが、とても好きです。

ミックスチャットはコチラ