ドラマやスポーツ等についてつづっています

ドラマやスポーツのことについてあれこれと書いています。

貴族探偵の第11話の感想はコチラ

 

ついに最終回を迎えました貴族探偵、そうですね、感想を一言でまとめると、「期待していた結末ではなかったけど、それなりにいい終わり方だった」という感じでしょうか。

 

 

まず、事件の真相についてですが、これはもう正直どうでもいいですね。よくある話で、真実を隠してた隠してないだ、あとは名家でありがちな家柄問題といった内容で、トリックもなんというかやや現実的に欠けるもので、感情移入のしにくい事件でした。

 

 

ですのでそこは割愛して、今回はついに高徳が事件を解決しました!と、いうことで、貴族探偵との賭けに勝ったので、喜多見の殺害についての情報と貴族探偵についての情報をついに得られることとなりますが、最後もやはり貴族探偵にサラリとかわされ、目的が達成できませんでした。

 

 

まあでも真相が分かり、そして何より喜多見師匠が生きていた、こんな嬉しいことはないので、オッケーということですね。てっきり貴族探偵は警察とか何か公的な組織の関係者だと勝手に勘違いしていたので、この結末は予想外でした。

 

 

そしてまさか本当にただの貴族探偵で、喜多見に頼まれて高徳をあんな風に見守っていたとは。わかりにくいですが、責任感と深い愛情を感じました。これはきっと喜多見と貴族探偵との間に確かな信頼があるからこそできることですよね。

 

 

そして最初は頼まれたからと高徳のことを見守っていた貴族探偵ですが、後半は絶対に好きになっていましたね。それは高徳も同じようで、最後のシーンのようにきっと二人でアバンチュールに出かけたことでしょう。

 

 

そして喜多見の高徳に対する愛情と、高徳の師匠に対する気持ちもまたステキだなぁ、と思いました。とても理想的な師弟関係ですよね。

 

 

そんなこんなで高徳は喜多見を始め貴族探偵、さらにはその秘書と召使いたちにずっと守られていたわけで、そのみせびらかさない深い愛情に心が温かくなりました。

 

 

特に最後の高徳の事務所で召使いたちが解説をするシーンで、彼らの高徳を見つめる温かい表情、そしてそれを知った時の高徳の表情が素晴らしくて一人で絶賛してしまいました。

 

 

高徳は幸せ者ですね。きっと幸せだからああいう可愛らしいキャラクターになり、愛らしいキャラクターだからこそこんな風にみんなに愛されるのでしょうね。ほんの少しでもいいから見習おうと思いました(笑)

 

 

でも結局のところ、貴族探偵は何者なのか、どういう生活をしているのか、それと果たして推理はできるのか、そこら辺については全て謎のままでした。

 

 

うーん、ここももう少しスッキリしたかったので、この部分の結末についてはやや不満もありますが、ただ、最初にも言った通り、結末が思ったよりいいお話で、不満な部分を打ち消すくらいの満足度はあったので、結果的にはいい気持ちで見終わることはできました。

 

 

最後に、今回は召使いたちの推理が間違っていて、それを高徳が訂正するという形で事件を解決しましたが、後から考えるとこれもきっと貴族探偵と召使いたちの計らいで、そうすることによって高徳が事件の真相を導き出し、解決できると判断して、わざとそういう流れに持っていったのだと思いました。

 

 

恐るべし召使いトリオ!本当になんでもできる頼りになる人たちですね。まだ貴族探偵の本当の正体もわかっていないことですし、一人前になった高徳の一人で事件を解決するところも見られていないので、続編も十分できるじゃん!なんて、次作に期待。

貴族探偵の10話の感想はコチラ

 

貴族探偵、いよいよラストへのカウントダウンが始まりましたね。今回も事件は起こりますが、なんともうさん臭い事件で、事件が起こる前から全体的にお話しの流れがおかしくて怪しい雰囲気が満々で、そこはちょっと見ていて不自然さが気になりました。

 

 

また、高徳が事件と関わることになるのですが、そこに至るまでのプロセスもなんだか雑で、話の展開の仕方に無理の多いストーリーでした。

 

 

そういったところからも、今回メインで伝えたい内容は事件ではなくて、貴族探偵を追い詰めることだということがわかりますが、その割にはなるほど、といった出来事や新事実もなく、淡々と物語が進んでいくだけでした。

 

 

冒頭、高徳が貴族探偵に喜多見を殺したことについて詰問するシーンがありますが、そこでは貴族探偵は最後までずっと否定します。

 

 

相変わらず毅然とした態度ではありますが、いつもの貴族探偵のように女性を口説いたりするような余裕はなく、若干の焦りを感じたので、きっと高徳の言っていることが正しいのだとおおむね推測できます。

 

 

そして高徳も普段より強気にかわされても負けずに詰め寄ります。いつもはなんだかんだ引き下がってしまう高徳ですが、ここは師匠のためと思ったのか、いつもより逞しくついに交換条件を差し出すまで頑張ります。

 

 

その姿に今度こそはと成果を期待しましたが、やはり結局はその交換条件の約束も守れないようで、ラストはなんと貴族探偵に助けられての、次週に続く、で終わりました。あ、助けられてと言いましたが、正確にはまだわかりませんね。

 

 

助けられているのか、もしくは狙われているのか、現段階では不明で、判断できません。次回の最終回でその全容が明らかになりますが、まあでもおそらく助けてくれたのだと思います。

 

 

高徳も言っていたように、貴族探偵は女性には優しいジェントルマンなので、紳士的でない行いはしないのと、悪人ではないので高徳をどうこうすることはないと思いますので。

 

 

となると、結局貴族探偵の正体って?!あと、貴族探偵は前回と今回で高徳を始末しろ、的なことを召使いに言っているので、高徳は始末されてしまう流れだと思いますが、そしたら何で今助けるの?

 

 

という話なってしまうので、きっと殺されるのではなく何か別の意味での「始末」ではないかと予想しています。貴族探偵の正体と目的、そしてその存在について、ずっと焦らされとにかく焦らされてきたのもやっと次回で終わりです。

 

 

どういう結末を迎えるのか想像つきませんが、全てを知って早くスッキリしたい気持ちでいっぱいです。

貴族探偵第9話の感想

ついに貴族探偵の正体が分かったかも?というところで終わった前回ですが、今回はそれについての情報はほとんどなく、進展はありませんでした。

 

 

ただ一点、貴族探偵政宗是正はどうも同一人物らしい、そして喜多見を殺したのも政宗是正らしい、ということは、正しいようです。

 

 

そしてこれは個人的な予想ですが、おそらく政宗是正と貴族探偵は同一人物だというのはそうだと思いますが、喜多見については「殺した」のではなく、死なせてしまったとか、殺したようなものだ、的なことだと思います。

 

 

今回事件を解決した後、珍しく犯人の感情に寄り添っていたのもきっと喜多見に対してのそういうことだと解釈しました。そういう意味では、今回はいつも以上に貴族探偵が感情的で、いやむしろ初めて感情を出した貴族探偵を見れたと言っていいと思いました。

 

 

まだ政宗是正が結局のところ何者かということが解明されていませんが、おそらく召使いたち全員も同じ所属で、チームとして何かの任務をしている人たちではないかと考えました。

 

 

もっとも、それがなぜ貴族ごっこをしているのかと聞かれると答えられませんが。今回の事件でもゲストの方々は相変わらず豪華で、内容も良かったですが、トリックがなんだか陳腐でした。

 

 

まああまり気にしなければそれでいいのですが、もう少し現実的で難解なトリックでもいいような気がしました。でも先週に引き続き、高徳と鼻形のコンビがどんどん仲良くなっていく姿は見ていて面白く、微笑ましくもありました。

 

 

また、井川遥さんは演じる喜多見がすでに死亡していると分かった時から出演がなく、入れ替わるように貴族探偵の秘書の鈴木とギリを演じる仲間由紀恵さんが登場しました。

 

 

これって何か意味あるの?それとも単にタイミングの問題で偶然なのか、何だか深読みしてしまいます。この鈴木については最終回まで謎を持ち越すようですが、一体どういう人なのでしょう。

 

 

ギリと鈴木は果たして同一なのか、そしてこの設定にも意味や意図があるのかなど気になってはいますが、物語も終わりに近いので正直もう何者でも何でもどうでもよくなってきている感じも少しあります。

 

 

謎は謎のままの方が美しい!なんてね。あと残り少なくなってきましたが、この現実的でないコメディサンスペンスを最後まで楽しみたいと思います。

ひよっこの今後のあらすじが気になる!

このページは、朝ドラ「ひよっこ」について私がすごく気になっていることについてお伝えしていきたいとおもいます。まず、今後の「ひよっこ」で最も気になるのはなんといっても、父の実がなんでいなくなってしまったのかってことです。

 

 

なにもわからないままいなくなってしまったので、みね子も母の美代子も理由がわからないので不安ですよね。谷田部家に戻ってくる気があるのか。それとも、もう家族を捨ててしまったのか。

 

 

一番有力なのが、なにかのトラブルに巻き込まれているのだと思います。でも、それがわからないのでなんとも気になる。今のところわかっているのは、生きているってこと。そして、東京に今も住んでいるということです。

 

 

なので、今後ここのところがいつ明かされるのか。それが気になりますね。他に、気になるのは、みね子の恋愛ですね。

 

 

なんか、今のところそれらしい男がいてないですよね。ただ、警察官をしていた綿引という線が強いのかな?って思いますね。

 

 

ひよっこのネタバレのあらすじをみていると、再登場するので恋愛に発展していくのかなって予想します。もしくは、あかね荘の住人の慶応ボーイが有力な線ですね。どちらにしても、これからが楽しみですね。

 

 

あと、最後が時子と三男の恋はどうなるのかということです。時子の女優の道がどうなるのかにも関係するような気がしますが、ずっと一途に思っている三男とどういう関係になっていくのか。

 

 

三男が米屋の後継ぎになるのかどうかというのも影響を受けるような気がします。ここについても楽しみですね。

 

 

まとめると、今後は実の行方とみね子の恋。そして、三男と時子のその後について気になりますね。三男は、米屋を継ぐのか。その辺りで、恋路が決まっていくような気がします。

 

 

あと番外編としては、宗男がビートルズのコンサートにいったりすることができるのか。そういったところも楽しみの一つになりますね。

貴族探偵第8話の感想!

前回は喜多見の推理ショーでしたが、今回はなんと鼻形の推理ショーでした!というのも、高徳が容疑者の一人となってしまったので、推理ができず、仕方なく鼻形が担当するかたちになりましたよね。

 

 

人間使命を背負うと変わるのか今回の鼻形はいつもとは違って、非常に積極的に推理をしており、初めて刑事らしさを感じました。

 

 

もちろん、その推理は的外れで、結局は貴族探偵(の召使いたち)が正しい推理をして事件を解決するというふうになるのは言うまでもありませんが。

 

 

ただ、鼻形にも刑事としてのプライドはあるようで、いつにも増して一生懸命に調査をしているのですが、そのキャラクターがいつもどこかズレているように、推理もやはりどこかズレています。

 

 

お約束の流れで、それがなんだか見ていて面白くて楽しくて、いつもより楽しめました。それと、喜多見が亡くなった件や、貴族探偵の秘書の「鈴木」についてなど、なかなか自分の力では調べることができない高徳。

 

 

警察としての鼻形の力を借りることしたようで、そういった面からも今後ますますこの鼻形はキーパーソンになってくるようですね。

 

 

鼻形がキャラクターとしては一番面白いので、物語の終盤に向けてまたくだらないことで盛り上げてくれることを密かに期待しています。

 

 

一方で、貴族探偵は回を追うごとになんだか不気味な雰囲気を醸し出し、完全に悪い人みたいになっていますね。今回のラストで、どうも公安に関係があるようなことを匂わせていましたが、もしそうだとしたらちょっとがっかりだと思いました。

 

 

謎めいているところが魅力で、結局何者なのか気になりながらも、どこか謎でいてほしいと潜在的に思っていたからかもしれませんが、もし本当に公安で組織公認であえて謎めいた身分を演じていたのであれば、なんだかつまんない!

 

 

 

勝手な感想ですが、そう思いました。自分でも何を求めているのかわかりませんが、公安とかではない正体を希望します(笑)それから、今回から貴族探偵の召使いたちの衣裳が新調されていました。

 

 

あまり気づかないくらいちょこっと変わっただけなのですが、なんというかパッと見たときの印象が違っていたので、すぐに気づくことができました。

 

 

召使い3人組もいいトリオでなんだかかわいいですね。個人的には中山美穂さん演じる田中の衣裳だけは前の衣裳の方が好きでした。

 

 

連続して2回高徳が推理をしていないので、次回はまた高徳が推理をするのでしょうか。貴族探偵が公安でないことを祈りつつ、次回の放送を楽しみに待ちたいと思います。

貴族探偵第7話の感想はコチラ

 来ました来ました、第七話にしてやっとこれまでのパターンから抜け出し、ついに井川遙さんと仲間由紀恵さんの登場です。今回は高徳ではなく、師匠の喜多見切子の推理ショーでした。

 

 

ただ先週、喜多見が実は亡くなっていたということが判明したので、今回の事件は過去の話ということになりますが、それでも構図はいつもと同じで、やはり対貴族探偵との推理ごっこでした。

 

 

貴族探偵のテントから召使い、そして再現VTRまで何から何まで現在と同じでしたが、一つ違ったのは喜多見の推理が高徳より優れていたことです。さすが師匠ですね。

 

 

推理はもちろんですが、事件の裏に隠された思いや背景など、トリックだけでなく物事を総合的に見ていて、素晴らしいと思いました。

 

 

また、警察や事件関係者へのアプローチも上手で、相手を嫌な気持ちにさせないながらもしっかり情報は得ており、まさに探偵、という感じでした。

 

 

そして貴族探偵もそんな喜多見に対しては一目置いているようで、喜多見に対しての振る舞いは高徳へのそれとは違っていましたが、尊重している一方でどことなく警戒しているような印象も受けました。

 

 

事件の内容としては特記するようなことはないですが、鼻形刑事が当時ヒラの警察でたまたま事件現場にいて、喜多見に協力、いや、協力させられたことにより昇進し、刑事になれたということです。

 

 

メインのストーリー以外にもいろいろ細かく盛り込まれている要素が多くて好感を持ちました。そしてその鼻形は現在貴族探偵担当の刑事となっているので、数年での大昇進ですね。これも貴族探偵のおかげだと言っていいでしょう。

 

 

そしてそして当時の貴族探偵の秘書をやっていたのがなんと仲間由紀恵さんということで、そうだったのですね、仲間さんは貴族探偵サイドの人間だったのですね。

 

 

どうも喜多見の事務所を監視したいがために、音声ソフトのギリになり、喜多見そして高徳の近くにいるようです。ですが果たしてそんなことできるのかな?まあいいや、ひとまずそれは置いておきましょう。

 

 

そして喜多見の死の理由についても、貴族探偵が命令して誰かに殺させたようなことも回想シーンで貴族探偵自身が言っていました。

 

 

これについてはきっとそういうことではない何か裏に違った事情があった的なそういうパターンだと思いますが、ここへきて物語が大きく動き出したのは確かです。今後一気にいろんな謎が解き明かされるのでしょうか。気になりますね。

 

 

早く知りたいです。よく考えると貴族探偵についての謎も結局まだ一つも明かされていないので、これから物語の終盤に向けて、曖昧ではなくスッキリ明瞭な答えを出してくれるととても期待しています。

貴族探偵第6話の感想はコチラ

先週と今週と初めての前・後編に分かれての回でしたが、今回は解決編ということで、ほぼ謎解きをしていました。

 

 

当初疑われていた桜川家とその召使いたちでしたが、結局犯人は婿候補たちで、ある人に仕掛けられた各々の「邪推」により、疑心暗鬼になり、それぞれがそれぞれを殺してしまった、というシンプルではありますが、それなりに深い話でした。

 

 

ただ、トリックが結構複雑で、また、実行するもの現実的に難しいものであったので、謎解きのシーンで理解するまで少し時間がかかりました。

 

 

おまけにいつものように高徳が最初に、大体は合っているけどちょっとだけ違う、推理をするので、余計にこんがらがってしまいました。

 

 

今回は被害者が3人で互いに殺し合ったということで、召使いがそれぞれ一人ずつを担当し調査するという形が取られましたが、それに伴い再現VTRも召使いそれぞれが被害者役をやり、再現していたので一人何役もやることになり、より理解しにくかったです。

 

 

でも一方で、今回の事件のポイントとなる桜川家の婿選びやそれに至るまでのそれぞれの心情などについては、心温まるストーリーがあり、とても気に入りました。

 

 

それぞれの立場での苦悩や願望、できることできないこと、やっていいことそしてやってはいけないことなど、丁寧に描かれていて、よかったです。

 

 

そして最終的に犯人も死亡ということで事件は片付くのですが、貴族探偵と桜川家、そして喜多見との関係が少しですが明らかになりました!これはこれまでで一番の進展です。

 

 

何が一番びっくりしたかというと、喜多見切子は実は亡くなっていたのですね。ここにて急展開というか、そういうことだったのか!と、やけに納得し、気分が高揚してしまいました。

 

 

個人的にこういう展開はとても好きで、ツボなので気に入りました。ドラマに対する好感度もかなりアップしています。

 

 

そしていろいろ回想すると、師匠と言いながらもこれまで一度も事件現場に来ていなかったり、推理も手伝ってくれていなかったり、そして事務所でいろんなおしゃべりをしながらも急に消えてしまうことが多いことなどなど、思い返すとなるほど!

 

 

と思うところがたくさんでした。そしてその喜多見の死と貴族探偵はどうも関係しているようで、そしてそれを桜川家の当主も知っているようで、やっと話が核心に触れ始めたのではないかと思います。

 

 

ここまで、そうですね、それなりに長かった!(笑)でも、やっと面白くなってきました。よかったです。今までで一番続きが気になっていて、来週が楽しみです。

ミックスチャットはコチラ