読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツファンのブログ

スポーツのことについてあれこれと書いています。

上原浩治の辞退について思うこと!

こんにちは。今日は、2017年3月に行われるWBC上原浩治が辞退したことについて自分なりの感想を書いていきたいと思います。

 

 

上原浩治WBC辞退については、正直ショックが大きかったですね。なぜ、そう思うかというとWBCの日本代表には抑えが絶対的な人がいないからです。

 

 

極端なことを言えば、イチローや青木選手などは招集できなくてもいいので、この抑えの部分だけはメジャーリーガーの力を借りなければならない。そんなポジションだと思っていました。

 

 

もちろん、イチロー選手も参加してくれた方が盛り上がるんでしょうけど戦力ということを考えると外野手はたくさんいい選手がいるポジションですから、イチローを呼ばなくても大丈夫なんです。

 

 

筒香選手もいますし、鈴木選手もいます。秋山選手も柳田選手も角中選手も西川選手もいます。もういい外野手というのは本当に日本のプロ野球の中にたくさんいるんです。

 

 

しかし、抑えというと誰もおもいつかないんです。広島の中崎、楽天の松井ぐらいしかパッとおもい浮かばないんですね。かつての横浜の佐々木、中日の岩瀬、阪神の藤川みたいな選手がでてこないんです。

 

 

なので、どうしてもちょっとこころもとないんですよね。しかし、上原浩治がいればと思っていたのです。レッドソックスで何度も修羅場を潜り抜けてきている上原ならばと。

 

 

しかし、球団の意向で参加することができなくなってしまいましたね。2017年に上原浩治の移籍があったというのも一つの運のような気がしますよね。

 

 

カブスは入団1年目の投手が、開幕前に怪我されたら困りますからね。そりゃあ当然出さないっていうでしょうね。WBCよりもシーズンの方が大事って当然ですからね。

 

 

WBCは国名誉をかけて戦うものですけど、球団はそうではないですよね。営利目的があったり、ワールドチャンピオンになるためにたたかうわけですから。その辺りの利害が一致することはないですよね。

 

 

ただ、私が思ったのはだからWBCが発展しないってことなんですよね。サッカーであれば、ワールドカップに出場するって言えば予選は別としてリーグを中断して選手が参加しますよね。

 

 

WBCも本来はそうなるべきなんではないか。そうなれば、もっともっといい選手が参加して、アメリカでも盛り上がるのではないか。そんなことを思うんですよね。まあ、あくまで理想論になりますけどね。

 

 

そんなことを考えてしまうほど、今回の上原浩治の参加辞退についてはショックが大きかったですね。小久保監督が、今後抑えをどうしていくのか注目があつまりますね。

 

 

 

 

WBC2017のメンバーが発表されましたね!

 

こんばんは。今日は、第4回のWBC侍ジャパンのメンバーが発表されましたね。個人的にメンバーについては驚きはなかったですね。ただ、阪神の選手が入っていないのが残念ですね。

 

 

阪神ファンの私としては、捕手の原口とか選んでほしかったなあって思いはありますね。2016年の成績は悪かったけど、藤浪を選んでくれるとかってあればよかったんですけどね。

 

 

ただ、まだ本大会に登録する28人のうちの18人でしたから残り10人に入る可能性はありますね。特にメジャーリーガーの参加がないキャッチャーの原口についてはまだ可能性がわずかながらありますね。

 

 

ただ、ものすごく疑問なんですけど先行で18人だけ発表ってなんなんですかね?先に発表する意味ってあるんでしょうか。WBCのボールとかで練習していてもいいようにあらかじめ配慮したんでしょうか。

 

 

小久保監督は、自覚をもってオフを過ごしてもらうためと話していましたが侍ジャパンに選ばれるレベルの選手なので、オフにはめ外すみたいなことはないと思うんですけどね。

 

 

練習をしっかりするようにというメッセージなんでしょうけど、どこか納得できないというか疑問が残りましたね。残り10人ってところはおそらくメジャーリーガーのことを配慮して残しているんでしょうけどね。

 

 

いざ、メジャーリーガーが一人も出ないってなるとなんのために10人も枠を開けていたのかわからないって感じになるでしょうし、逆にメジャー選手が参加するのならそれにあわせて全員発表でいいんちゃうかなってどうしても思ってしまいます。

 

 

今回の18人に落選したことで、WBCの準備しない人ってのが出てくると思うのでそれが逆効果なんかなってどうしても思ってしまいます。個人的には、菊池雄星(西武)とか松井裕樹楽天)とかは緊張の糸が切れてるんじゅないかな。

 

 

そんなことを心配してしまうんですね。侍ジャパンの18人についてはコチラで一覧になっていますので、興味があればみてくださいね。

 

WBC(2017)のメンバー18名はコチラ

 

 

 

クラブワールドカップの鹿島対レアルマドリードの視聴率がすごい!

 

こんばんは。今日は、昨日行われたクラブワールドカップについてお伝えしていきます。そもそも、決勝にJリーグのチームが出場できるってことが奇跡的なんですが、決勝の試合が凄すぎましたね。

 

 

もう、日本サッカー史上に残るような試合になりました。試合前は誰も鹿島がここまでやるとは思っていませんでした。鹿島が健闘してレアルが3-1で勝つみたいな意見が専門家の多くの意見でした。

 

 

鹿島アントラーズとレアルが対戦して、延長戦まで行くって誰が考えましたかって話。それぐらいすごい試合でした。延長での審判の判定によっては鹿島アントラーズが勝つ可能性がありましたね。

 

 

それぐらいきわどい試合でしたね。特によかったのが鹿島の柴崎ですね。レアル相手に2得点をとれるなんて本当に神ってましたね。あと、ディフェンスもよかったです。

 

 

レアルの攻撃を押さえたディフェンス。キーパーの曽我端を中心に安定していましたね。年俸がもう段違いの相手なので、今回の試合でヨーロッパにスカウトされるような選手がでてくるかもしれませんね。

 

 

柴崎などについては、すでになんかしらの打診があってもおかしくないですね。若くて力ありますからね。こうやってみると、Jリーグで活躍している選手を日本代表の試合で使ってほしいなって余計に思いました。

 

 

いつもコンディションの悪い海外組を使うよりも、Jで活躍している選手もいけるっていうのがわかりましたね。要は戦い方なんでしょうね。

 

 

そして、このクラブワールドカップを放送した日本テレビはよかったですよね。レアルと鹿島の試合については瞬間最高視聴率36・8%。平均でも26・8%って本当にすごい数字ですよね。

 

 

サッカーの試合でここまで数字がとれるのはワールドカップ以外ないのではないでしょうか。それだけ、アントラーズの活躍がこの視聴率をたたき出したということだと思います。

 

 

金星は惜しかったですけど、来年の2018年のクラブワールドカップがまた楽しみになりましたね。来年もアントラーズには頑張ってほしいです。できれば、アジア王者になってから出場してほしいですね。

 

 

2017年はWBCの時期!

こんにちは。ずいぶんと間が空いてしまいましたね。最近は、私は野球選手の大谷翔平選手にはまっています。あのルックスにあの才能。私は正直大好きです。

 

 

 

そんな大谷翔平選手なのですが、そろそろメジャーリーグに挑戦するのかっていうところですが、2017年はその前にWBCがありますね。ここで大きな活躍をしてからメジャーリーグにわたってほしいですね。

 

 

 

WBCってプロの選手が参加する野球の国際大会です。プロの選手が出場するってのが重要ですね。オリンピックも日本ではプロ選手が出場していますが、海外の選手はシーズン中のため参加しません。

 

 

そのために、アマチュア野球の強いキューバが金メダルを獲得することが多かったんですね。それをプロ野球のシーズン開始前に行いすべての選手が出場できるようにしたのがWBCですね。

 

 

オリンピックやワールドカップと同じように4年に1度行われます。これまで過去3回の大会では、日本は2回優勝しています。1回は準決勝敗退です。今回がその4回目になります。

 

 

 

第1回大会のときは、全盛期の松坂大輔投手がいてMVPに輝いています。イチローも参加して日本代表は世界一の称号を手にしました。その翌年に松坂大輔投手はポスティングで驚くべき金額でレッドソックスに移籍したのです。

 

 

 

なので、大谷翔平にもその道をたどってほしいなって個人的には思っています。もちろん、WBCで活躍できなかったからと言ってメジャーリーグで活躍できないかっていうとそんなことはありません。

 

 

田中将大投手は、第3回のWBCで打ち込まれました。そのためにWBCの3回大会は優勝できなかったと思います。しかし、その年にWBCの悔しさを晴らして24連勝します。そして、ヤンキースで現在活躍しています。

 

 

なので、WBCの活躍=メジャーリーグでの活躍にはなりません。しかし、大谷翔平の活躍でWBCに優勝すれば契約金の金額も上がるでしょうし、何よりも大谷翔平選手の自信につながるでしょう。

 

 

 

メジャーリーグについては、ポスティングのルールの関係で大谷翔平の移籍金みたまものがどのようになるのかわからない状況ではあります。しかし、才能だけで言うとこれまでのどんな選手よりも溢れている選手。

 

 

 

それが大谷翔平になるのです。なので、2017年の3月に行われるWBC大谷翔平の活躍に期待したいですね。

広告を非表示にする

今年が大殺界であることに気付いた!!

 

最近、調子悪いなとかなかなかうまくいかないなって思ってたので、4月からうまくいくかどうかちょっと確認するために占いサイトで見ていました。けっこう長い間見てしまいました。

 

 

すると、私、2016年は大殺界だったみたいです。私、個人としてはすでに結婚してるからあれなんですけど、細木数子さんがテレビによく出てたときに見てたので細木数子さんのことを書いてる占いで占いました。

 

 

大殺界の過ごし方と恋愛」ってサイトなんだけど、基本的に大殺界の時はこれまでと異なるようなことはしない方がいいらしいです。

 

 

どうしても、いろんな新しいことをしたがってしまう私なので、ちょっとこれ拷問に近いですね。

 

 

しかも、4月に引っ越しするのでこれもまずいんかな。もっと早くみとくべきだった。旦那が単身赴任してしまうので、そのあたりの関係も気になるところですね。

 

 

なんか、新しい出会いにあってトラブルに合わないように気をつけるべきらしい。気を付けるって言われても、子供のことで忙しいしそんな暇あれへんのやけど・・・

 

 

まあ、占いなので参考程度にみとけばいいのかななんて思います。以前の私ならこれは大変ってな感じだったのでしょうけど、今はそんなこともなくなったのでそれだけ歳とった証拠なのかもしれませんね。

 

 

個人的には、もう少し効率的に動きたいなって思うねんけど、それができてないことにイライラがあって。

 

 

子供にあたってしまうところにちょっとあかんなって思ってしまうんやけどね。しばらくは、特に変わった生活をすることはないので、引っ越し以外はOKなのかなって。

 

 

ここで、子供の保育園で悩むとかってことになるんやろか?4月からのことについて、引っ越したからどうしてもまずいのかなってのは気になりますね。

 

 

なかなか、うまくいかないってあなたは一度こちらを見てみるといいかもですね。あなたも実は大殺界だったりして。興味があればこちらを見てみてくださいね。

 

 

rokuseisenjyutu.xyz

 

今日のあさが来たに感動!!

 

おはようございます。今日の朝ドラ「あさが来た」見ました?すっごく感動しちゃいました。

 

 

なんか、あさの母の梨江が亡くなったことで父の忠興も丸くなったのでしょうか?これまでとまったく感じが違いましたよね。

 

 

貫録は、もちろんあったんですけどどうしても、なんかはつやあさに謝ったっリする場面にびっくりしました。

 

 

そろそろ、自分の命が長くないということを感じてるのかもしれませんね。今後、自分になにができるのか?それを考えてたら、あさに目白の土地を寄付するってことになったんかもしれへんねね。

 

 

やっぱり、忠興はあさも言ってたように、怒ってる方が印象に残ってますよね。なんか、升毅さんにぴったりといいますかはまってますよね。

 

 

特に序盤は、あさよりも目立ってたっていうか。でも、どうなんでしょうね。今後やっぱり亡くなってしまうんでしょうね。せやから、いろんなことを娘に伝えたかった。そう思ったんかもしれないですね。

 

 

父と娘の関係って難しい家が多いですけど、あさが来たを見てたらなんかうれしくなってきましたね。まだまだ、こんな関係をつくっていける家庭をつくっていけたらななんて思いました。ラストに向けて楽しみですね。

あさがきたがそろそろ佳境に入ってきましたね!

 

波留さんがヒロインを演じる朝ドラ「あさが来た」が佳境に入ってきて、いよいよラストに向けて動きだしてる感じですね。

 

 

こうなってくるとそろそろ気になりだすが、次の朝ドラですよね。私も、そろそろびっくりぽんにやや飽きがでてきました。

 

 

今も面白ろおかしく見てはいるのですが、なんか女子大設立がうまくいくのが目に見えていますよね。

 

 

今後、どうなるんやろ?って楽しみにやや欠けてるといいますか、女子大設立がわかっててもなんかもう一つ楽しみが欲しいんですよね。

 

 

まあ、萬谷(ラサール石井)に刺されてなんてところが楽しみの一つなんでしょうけど、なんかそれも・・・ですね。

 

 

 

そして、娘のちよとのバトルってのもなんか普通にどこの家でもありそうな感じなのでいまいち楽しみが少ないかなって印象ですね。

 

 

気になる点と言えば、あさのラストがどうなるかなってことぐらいやねんね。基本的には、あさが来たは楽しみみさせていただいてるのですが、ちょっとその辺りに不満がある感じですね。

 

 

 

さて、そんな感じなので次の朝ドラ「とと姉ちゃん」が私は気になっています。まれのときもそうでしたが、後半に入るとどうしても次のシリーズが気になります。

 

 

ただ、これまでのNHKの過去を見てみると前作が高視聴率だったり人気があったりするとその次に作品ってなかなかうまくいかないことが多いんですよね。

 

 

視聴率なんかも当然比較されてしまいますしね。「とと姉ちゃん」は「あさが来た」が比較対象なんで大変厳しい目で見られてしまうんですよね。

 

 

それをも吹き飛ばすような豪華なキャストがあるのですが、どうのようになるでしょうか?ちなみにこの「とと姉ちゃん」にも実在モデルがいてて、「暮らしの手帖」を創刊した大橋鎭子さんがヒロイン小橋常子のモデルになっているようです。

 

 

脇を固める俳優陣には、西島秀俊さんや向井理さん、唐沢寿明さんなど豪華になっていますよ。内容も、戦前戦後になるので「あさが来た」よりは身近に感じられると思います。

 

 

ヒロインを演じるのは、人気急上昇中の高畑充希さんになっています。どうしても、ヒロインが注目されますが、「あさが来た」同様に周りの俳優さんたちにも注目が集まっていますね。

 

 

とと姉ちゃんは、あさが来たの人気を超えられるのか?個人的には、あさが来た以上に楽しい作品になってくれたらなって思いますね。でも、NHKの職員も気にしているようになかなか難しいのかもしれませんね。

 

 

まずは20%を超えるところが目安でしょうか?ここを超えてくれば、だんだん人気が出てくるはずです。右肩上がりになって欲しいところですね。

 

 

 

ミックスチャットはコチラ